PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】コスタリカ戦速報(2) 初招集・佐々木のヘディングがオウンゴール呼び先制

【サッカーキリンチャレンジカップ2018日本代表対コスタリカ代表】前半、オウンゴールで先制する日本イレブン=パナソニックスタジアム吹田(撮影・蔵賢斗)
Messenger

前のニュース

 日本ボールで試合が始まる。森保監督はJ1広島を指揮した際に採用してきた3バックではなく、4バックでスタート。立ち上がりから右サイドの堂安、左サイドの中島が積極的にドリブルを仕掛け、セットプレーを獲得。ただ、好機を生み出せなかった。

 前半12分には自陣でボールを奪われ、左サイドからシュートに持ち込まれたが、何とか防いだ。

 先制したのは前半16分。右CKを走り込んだ佐々木がヘディングシュート。クリアしようとした相手に当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ