PR

スポーツ スポーツ

【体操】塚原千恵子&光男夫妻 パワハラを改めて否定「遠征は若手育成」

Messenger

 体操女子の宮川紗江選手が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長と夫の塚原光男副会長からパワハラを受けたと告発した問題で、塚原夫妻が10日までに東京都内で取材に応じ、改めてパワハラ行為を否定した。千恵子氏は「権力にすがって生きていると思われることに対しては、名誉を回復しないといけない」と述べた。

 宮川選手を担当した速見佑斗コーチは、宮川選手が東京五輪強化プロジェクトに当初参加しなかったことで海外遠征から外されたと主張。しかし、千恵子氏は「遠征は若手育成の目的がある」とし、コーチらに説明も行ったと指摘した。女子代表は世界選手権(10月開幕、ドーハ)までに2回の合宿を予定しているが、千恵子氏が参加するかは未定だという。

 光男氏は「(宮川選手の受け止めは)『千恵子先生は素晴らしい指導者』という雰囲気だった。なぜその雰囲気が変わったのか」と語った。日本協会が設置した第三者委員会の調査結果次第では、進退について「協議する」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ