PR

スポーツ スポーツ

【全米テニス】相手への敬意忘れぬ新女王・大坂なおみ 近づく世代交代…“絶対女王”S・ウィリアムズの道筋重なる

Messenger

 コートから離れると、素朴で飾り気のない人柄が周囲を魅了する。優勝の感慨も、20歳らしさが全開だった。記者会見では、今晩の過ごし方を聞かれ、「ビデオゲームをすると思う」と笑いを誘った。

 今大会、武器の強打だけでなく、フットワークを生かしたストローク戦や、緩急をつけたサーブでも成長をみせ、今年3月のマイアミ・オープンに続きS・ウィリアムズに連勝した。

 S・ウィリアムズは20歳から21歳にかけて、四大大会4連勝を飾った。10月16日で21歳となる大坂は、あこがれの選手と同じ道を歩もうとしている。女子テニス界の世代交代が近づいている。(ニューヨーク 上塚真由)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ