PR

スポーツ スポーツ

【MLB】大谷翔平が最多の19号 4打数1安打3打点 「いいところで打てた」

 ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
Messenger

 エンゼルスの大谷は7日、シカゴでのホワイトソックス戦に「5番・指名打者」で出場し、4打数1安打3打点、1得点だった。内容は三ゴロ、右中間本塁打(打点3)、四球、空振り三振、見逃し三振で打率は2割8分7厘。1-1の三回に放った19号3ランで、2006年の城島健司(マリナーズ)に並んでいたメジャー1年目の日本選手のシーズン最多本塁打記録を更新した。チームは5-2で勝った。

 ■大谷の話「いいところで打てて良かった。最近の本塁打は結構ぎりぎりで風に乗ってくれる打球も多いのでラッキーかな。(五回に)先頭で四球を選べたのも良かった。その他の打席でいろいろ反省点もあるが、また明日につなげていきたい」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ