PR

スポーツ スポーツ

【全米テニス】大坂なおみが決勝へ非公開調整 憧れのセリーナ戦に備える

 全米オープンテニスの女子シングルス準決勝でマディソン・キーズを破り、決勝進出を決めスタンドの声援に応える大坂なおみ=6日、ニューヨーク(共同)
Messenger

 テニスの全米オープン女子シングルスで、四大大会の同種目で日本勢初の決勝進出を決めた大坂なおみ(日清食品)が8日の決勝に備え、7日にニューヨークの会場内で非公開の調整を行った。

 関係者によると、大坂はサーシャ・バイン・コーチらと50分ほどラリーなどの練習をこなし、リラックスした様子で笑顔も見られたという。

 決勝は子どもの頃から憧れる四大大会23度制覇のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が相手。「四大大会の決勝で対戦するのが目標だった」と夢の対決が実現する。

 大坂は3月のマイアミ・オープンで初対戦してストレート勝ちしたが、当時はS・ウィリアムズが出産後の復帰2戦目で本調子ではなかった。バイン・コーチは「セリーナは3月とは違う。(大坂は)自分がコントロールできることに集中するだけ」と語り、準決勝までのように自分のプレーに徹することを鍵に挙げた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ