産経ニュース

【体操】第三者委員会を設置 岩井委員長「徹底的に解明する」 体操パワハラ問題

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【体操】
第三者委員会を設置 岩井委員長「徹底的に解明する」 体操パワハラ問題

日本体操協会の山本宜史専務理事 日本体操協会の山本宜史専務理事

 体操女子の宮川紗江選手が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長と塚原光男副会長からパワハラを受けたと告発した問題で、日本協会の山本宜史(のりふみ)専務理事は7日、事実関係を調べる第三者委員会を設置したと発表した。

 委員会は5人の弁護士で構成。元東京弁護士会会長の岩井重一氏が委員長を務め、元東京高検検事長の上田広一氏らが名を連ねた。岩井委員長は事実関係や経緯、背景も含めて「徹底的に解明する」と述べた。調査期間に関しては「1カ月半、2カ月になることもあり得る」と事前に期限を設定しない方針を示した。

 日本協会では世界選手権(10月開幕、ドーハ)の事前合宿などへの影響を考慮し、塚原千恵子氏の暫定的な処遇が必要かも検討するとしている。

 宮川選手は練習中に自身に暴力を振るった速見佑斗コーチが無期限登録抹消処分を受けたことに関連し、パワハラを告発していた。

「スポーツ」のランキング