PR

スポーツ スポーツ

【大相撲秋場所】「しっかり集中してやりたい」 厳しい表情で汗流す稀勢の里

 阿武松部屋に出稽古し、阿武咲関(右)を相手に稽古する稀勢の里関=6日、千葉県習志野市
Messenger

 横綱稀勢の里は6日午前、千葉県習志野市の阿武松部屋に出稽古し、厳しい表情で汗を流した。稽古後には、進退の懸かる秋場所に臨む意向を示した。

 稽古内容の厳しさに定評がある阿武松部屋は、引き締まった雰囲気に包まれた。稀勢の里は、ホープの幕内阿武咲と熱のこもった内容で10勝4敗。状態を確かめるように何度もうなずき、「さあ来い」と、力強く相手に声を掛ける場面もあった。3場所連続全休中に比べ、闘争心が表情ににじみ出ていた。

 長期休場から復活が期待される横綱は、決して楽観視できない状況で、注目の土俵に臨む。「また、しっかりやっていきたい。本場所と稽古場は違う。しっかり集中してやりたい。やるべきことをやるだけ」と落ち着いた口調で決意を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ