PR

スポーツ スポーツ

【大相撲秋場所】稀勢の里、豪栄道に3勝8敗 北の富士氏「見てはいけないものを見ちゃった」

稽古で豪栄道(右)と胸を合わせる稀勢の里=4日、東京都江東区の尾車部屋
Messenger

 大相撲の横綱稀勢の里が4日、東京都内の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古で、出稽古にきた大関豪栄道に3勝8敗と不安を残した。「いい稽古になった」と星勘定を気にした様子はなかったが、物足りない内容だった。

 豪栄道に手も足も出なかった。立ち合いから圧力をかけて攻めきったのは最初の一番だけ。その後は守勢に回り、土俵際の逆転などで何とか2つの白星を拾うのがやっとだった。敗れた8番はいずれも立ち合いから一方的に押し込まれた。

 秋場所(9日初日、両国国技館)を休場しての現役続行は許されない状況の中、一進一退の調整が続く。前日の連合稽古では実力者の玉鷲を9勝1敗と圧倒し、「いい状態」と手応えを口にしたばかりだった。

 稽古を見守った元横綱で解説者の北の富士勝昭氏は「見てはいけないものを見ちゃった。後ろに下がるばかりだね」と苦言。芝田山親方(元横綱大乃国)は「勝ち負けじゃないが、進歩がない」と切って捨てた。復活への険しい道のりが改めて浮き彫りになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ