PR

スポーツ スポーツ

【野球U18アジア選手権】日本が大勝発進 日本26-0香港

【U18アジア野球選手権大会 高校日本代表対香港代表】 4回、三塁打を放つ藤原恭大=KIRISIMAサンマリンスタジアム宮崎(水島啓輔撮影)
Messenger

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権が3日、7カ国・地域が参加して宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎などで開幕した。高校日本代表は1次リーグの初戦で、香港を26-0の五回コールドゲームで下した。

 日本は二回に5番根尾(大阪桐蔭)の適時三塁打を皮切りとして、一挙19点を先制。根尾はソロ本塁打などを放ち、サイクル安打を達成。先発の野尻(千葉・木更津総合)は3回無失点7奪三振と好投した。

 1次リーグは2組に分かれて実施。A組の日本は4日にスリランカ、5日に韓国と対戦する。各組上位2チームによる2次リーグを経て、9日に決勝と3位決定戦が行われる。

 当初は8カ国・地域が参加する予定だったが、パキスタンがチーム事情により不参加となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ