PR

スポーツ スポーツ

【バレーボール】新「Vリーグ」が今秋開幕、選手らPRで来社

新装されるVリーグのPRのため来社した7選手。左から郡浩也(ジェイテクト)、内山正平(豊田合成)、星野秀知(東レ)、長友優磨(FC東京)、山岸あかね(埼玉上尾メディックス)、渡辺久恵(日立)、佐藤澪(トヨタ車体)=3日、東京・大手町(奥村信哉撮影)
Messenger

 今秋開幕するバレーボールの新リーグ「Vリーグ」をPRするため、運営する日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)の嶋岡健治会長と1部(V1)の男女計7選手が3日、東京・大手町の産経新聞社を訪れた。選手を代表し、長友優磨(FC東京)が「チーム一丸でVリーグを盛り上げられるよう、一戦一戦全力で戦う」、渡辺久恵(日立)が「みなさんに感動と勇気を与えられるよう頑張っていきたい」と決意を述べた。

 男子は3部制、女子は2部制に再編され、V1は10月26日開幕の男子が10チームによる3回戦総当たり。11月3日開幕の女子は11チームを東西に分けて行い、交流戦も実施。プレーオフ決勝は4月に行われる。

 これまで都道府県協会任せだった試合運営はホームチームに委ねられ、各チームは入場料収入の大半を得られる一方、集客などで工夫が求められる。嶋岡会長は「自治体のバックアップをいただきながら、地域に愛されるチームになってほしい」と期待を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ