PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】エース・菅野智之で…巨人、痛い引き分け 「無駄な仕事させてしまった」

7回に中日・大島から右適時打を浴びた巨人・菅野智之=1日、ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)
Messenger

 巨人はエースで勝ちきれなかった。序盤に4点を先取しながら、先発の菅野が七回に打ち込まれて4失点。中継ぎ陣の踏ん張りで引き分けに持ち込むのがやっとだった。菅野は「いろんな人に無駄な仕事をさせてしまった」と悔しそうに言った。

 六回まで3人ずつで抑えてきたが、七回に暗転した。先頭打者の中日・平田にこの試合初めての四球を与えた。「甘いところに投げて打たれるのも嫌だった」。ここから傷口は広がり、京田、大島、ビシエドに3連打を浴びて2失点。2死までこぎつけるも、福田に2点二塁打を許した。

 菅野の突如の乱調に、高橋監督は「きょうはそれがすべて」と渋い顔。先頭打者への四球についても、「あそこから連打されたわけだから、なんとかしてほしいところ」と注文を付けた。

 7回4失点と試合はつくったが、期待の大きさからするとやはり物足りない。菅野は「いい教訓にして、次は長いイニング、完封を目指したい」と巻き返しを誓った。(浜田慎太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ