PR

スポーツ スポーツ

【夏の甲子園】秋田県で大型観光キャンペーン開始、「金足農」売り出せず「もったいない」

JR秋田駅に到着した乗客らに、観光キャンペーンの記念グッズが贈られた=1日、秋田市(藤沢志穂子撮影)
Messenger

 秋田県とJR東日本による「秋の大型観光キャンペーン」が1日、スタートしJR秋田駅で記念式典が行われた。第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した県立金足農業高校を起爆剤に多くの観光客を呼び込みたいところ。だが日本学生野球憲章にある高校野球の「商業利用は禁止」が関係者を悩ませており、「秋田を売り出す絶好の機会なのに、もったいない」との声も出ている。

 佐竹敬久知事は同日、「残念だが、今のところはあいさつなどで、金足農に触れるのが精一杯」とこぼした。県は8月30日に県庁を表敬訪問した野球部の選手たちに、県産リンドウの花束と秋田犬のぬいぐるみを贈呈、「自然な形で県産品をPRした」と担当者は打ち明ける。

 JR東日本では、金足農の最寄り駅である奥羽線の追分駅の切符が高校野球ファンの間で人気。同校には記念写真を撮影するファンが全国から訪れている。だがJRで記念切符などの発売予定はない。「金足農の生徒たちが作った農産品などを、JRのイベント会場で販売するなどの形で応援したい」と幹部は言う。

 高野連の担当者は「野球のビジネス利用は不可だが、学校としての取り組みを妨げるものではない」との見解を示している。

 秋の観光キャンペーンは昨春に続き、県とJR東日本が組んで秋田を重点販売地域とする企画で、自然や食文化、温泉をPRし、秋田犬とふれあう機会も設ける。期間は1日から11月30日までの3カ月間。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ