産経ニュース

【J・今節のツボ】日本代表に初選出された広島の佐々木、勝利を置き土産に代表戦へ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【J・今節のツボ】
日本代表に初選出された広島の佐々木、勝利を置き土産に代表戦へ

攻める広島・佐々木翔(撮影・永田直也) 攻める広島・佐々木翔(撮影・永田直也)

 J1は今節を終えると代表戦に突入する。30日に発表された日本代表に、国内組からただ一人初選出されたのが広島の佐々木だ。チームは9月1日にホームで鹿島と対戦する。勝利を置き土産に気持ちよく代表活動に向かえるか。

 9月に行われる国際親善試合に向けた日本代表が30日に発表され、J1で首位をひた走る広島からは2人が選ばれた。32歳の青山とともに選出された佐々木は、これが初の代表入り。「代表では結果にこだわりたい」とコメントし、意気込みを前面に出した。

 2012年に神奈川大からJ2甲府に入団し、プロ生活をスタートさせた佐々木は、15年に広島に移籍。3バックの左DFや左サイドバックとしてチームに不可欠な存在になり、今季もリーグ戦全24試合に先発出場している。

 一方で、28歳でようやく代表から声がかかった苦労人でもある。16、17両年に2度、右膝前十字靱帯を断裂して長期離脱を強いられ、昨季は一度もピッチに立てなかった。再起をかけた今季に一気に代表まで上り詰めた形だ。

続きを読む

「スポーツ」のランキング