PR

スポーツ スポーツ

【高校野球】大阪桐蔭の根尾が光る U-18アジア選手権壮行試合で投打に活躍

【野球侍ジャパン壮行試合 高校日本代表対大学日本代表】5回 三塁打を放つ高校日本代表・根尾昂=神宮球場(長尾みなみ撮影)
Messenger

 大学代表相手に高校生離れした能力をみせた。5番の根尾(大阪桐蔭)は2安打の活躍で「甘い球を仕留められた」と笑った。二回には左前へチーム初安打を放った。五回には中越え三塁打を放ち、続く打者の一ゴロの間に生還し、チーム初得点をもたらした。

 アジア選手権への対応で、代表合宿から木製バットを使用している。以前から素振りでは木製バットを使用しており、対応に苦しむ選手が多い中で、「素振りのイメージを大事にした」とすぐに適応してみせた。

 守備では約1年ぶりの右翼を完璧にこなした。八回には投手として登板し、1奪三振を含む三者凡退に抑えた。

 甲子園大会で全国の球児の頂点に立った18歳は「一日一日成長して優勝したい」と、アジアの頂を見据えている。(神田さやか)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ