PR

スポーツ スポーツ

【スポーツ異聞】実は隠れた野球王国・秋田 これまでにも幾多の名選手を輩出

ロッテ-西武の試合前に行われた「ロッテ50周年セレモニー」に登場した村田兆治氏(右前)と落合博満氏=東京ドーム(田村亮介撮影)
Messenger

 秋田の公立高、金足農の快進撃は史上初の2度目の春夏連覇を目指した大阪桐蔭の前に阻まれた。

 第100回全国高校野球選手権大会決勝。金足農は2-13で敗れ、準優勝。東北勢悲願だった深紅の優勝旗の“白河の関越え”は成らなかった。

 私立校では“野球留学”が全盛の中、金足農は全員が秋田県の出身者。若者の農業離れが進む中、農業の実習などと野球を両立しながら、甲子園へ駒を進めたことがクローズアップされているが、実は、秋田はもともと隠れた“野球王国”でプロ野球選手を数多く輩出している。

 なにしろ、日本プロ野球史上唯一となる3度の打撃三冠王を達成した落合博満を生んだ県だ。落合は南秋田郡若美町(現・男鹿市)の出身で、秋田工から東洋大を中退。しかし、社会人野球を経てプロ入り後の活躍はめざましく、通算2371安打、510本塁打、1564をマークした。こんな天才肌の大打者が秋田出身ということは特筆すべきだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ