PR

スポーツ スポーツ

金足農の記念花火打ち上げ 準優勝たたえ、秋田

全国花火競技大会で打ち上げられた、全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農の活躍をたたえる記念花火=25日夕、秋田県大仙市
Messenger

 秋田県大仙市で開かれた全国花火競技大会(通称・大曲の花火)で25日、全国高校野球選手権大会で準優勝した同県代表・金足農の活躍をたたえる記念花火が約200発打ち上げられた。

 チームカラーの紫を主体とした色の付いた花火が打ち上がると、観客から拍手や歓声が上がった。同校は、秋田県勢として103年ぶりに決勝へ進出したが、東北勢悲願の初優勝には一歩及ばなかった。

 大会実行委員会が21日に「東北に元気を与えた」と打ち上げを決めた。記念花火は、空が明るい時間帯に煙と光で演出する「昼花火」と言われるもの。

 公立の農業高で選手全員が地元出身の「雑草軍団」が、強豪相手に勝ち進む姿は全国で共感を呼び、野球大会閉幕後も「金足農フィーバー」が続いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ