PR

スポーツ スポーツ

【アジア大会】競泳の18歳池江、6冠 最多金メダル更新

Messenger
【アジア大会】競泳女子50m自由形決勝で金メダルを獲得し六冠を達成した池江璃花子=24日午後、ジャカルタ・アクアティックセンター(納冨康撮影)
【アジア大会】競泳女子50m自由形決勝で金メダルを獲得し六冠を達成した池江璃花子=24日午後、ジャカルタ・アクアティックセンター(納冨康撮影)

 ジャカルタ・アジア大会第7日の24日、最終日を迎えた競泳で女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が50メートル自由形を24秒53で制し、6冠を達成した。金メダル数でアジア女子と日本選手の1大会最多獲得記録を塗り替えた「アジアの水の女王」が、2年後の東京五輪へ弾みをつけた。

 長いリーチを生かして力泳するスプリンターは50メートルと100メートルの自由形とバタフライ、400メートルリレー、400メートルメドレーリレーで優勝し、競泳女子の西側よしみ(1970年、74年大会)の金メダル5個を更新した。今大会最後の8種目目で快挙を成し遂げた。

 東京・淑徳巣鴨高3年。2年前のリオデジャネイロ五輪100メートルバタフライで5位に入賞した日本女子のエースは、リレーを含めた10種目で日本記録を持つ。

 金メダル1大会最多は82年大会射撃男子のソ・ギルサン(北朝鮮)の7個。総数はソの8個で、池江は「銀」2を合わせて最多に並んだ。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ