PR

スポーツ スポーツ

【アジア大会】池江璃花子が女子400Mメドレーリレーで最多5つめの金 鈴木聡美も2冠

Messenger
ジャカルタ・アジア大会の競泳女子400メートルメドレーリレーで、3分54秒73の日本新記録で優勝した日本。右から青木智、池江、鈴木、酒井。池江は今大会5個目の金メダルを獲得した=23日、ジャカルタ(共同)
ジャカルタ・アジア大会の競泳女子400メートルメドレーリレーで、3分54秒73の日本新記録で優勝した日本。右から青木智、池江、鈴木、酒井。池江は今大会5個目の金メダルを獲得した=23日、ジャカルタ(共同)

 【ジャカルタ=宝田将志】アジア競技大会第6日の23日、競泳女子400メートルメドレーリレーで日本は3分54秒73の大会新記録で優勝した。第3泳者の池江璃花子(ルネサンス)は5冠で、1970年バンコク大会と74年テヘラン大会の競泳女子、西側よしみと並ぶ1大会最多金メダル。

 男子100メートル自由形は塩浦慎理(イトマン東進)が48秒71で制し、0秒01差の2位で中村克(イトマン東進)が続いた。非五輪種目の女子50メートル平泳ぎで鈴木聡美(ミキハウス)が30秒83の大会新記録で金メダル。100メートルとの2冠を果たした。男子200メートル背泳ぎで史上最多の4連覇を狙った入江陵介(イトマン東進)は銀メダル。

 フェンシング女子フルーレ団体は日本が決勝で中国に勝ち、初の金メダルを手にした。

 カヌー・スラロームの男子カヤックシングルで、足立和也(山口県体協)が90・26点で銀メダルを獲得した。自転車・男子個人ロードレース(145・5キロ)では別府史之(トレック・セガフレード)が1位とタイム差なしの3時間25分25秒で銀メダル。体操種目別決勝で男子つり輪の野々村笙吾(セントラルスポーツ)も14・625点で銀メダルを獲得した。

 ソフトボールは日本が準決勝で中国を下し、5大会連続優勝へ王手をかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ