PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】ソフトBのユリスベル・グラシアルが九回に起死回生の逆転2ラン 5連勝で2位日本ハムに肉薄 

九回、逆転2ランを放ち、天を指さしてホームインするソフトバンクのユリスベル・グラシアル=22日、東京ドーム
Messenger

 起死回生の一発だった。1点を追う九回1死二塁。ソフトバンクの3番ユリスベル・グラシアルの鋭い打球は左翼席上段に吸い込まれた。この逆転2ランを含む2安打5打点で勝利に導いたキューバ出身の32歳は、「あきらめない気持ちが結果につながった」と胸を張った。

 先制点もグラシアルのバットからだった。無死一、三塁で迎えた一回の第1打席で2戦連発となる2号3ランを左翼席に運んだ。「チームがすごく良い状態なので、打席に集中して入っている」という。工藤公康監督は「初回の3ランも大きかった。(打席で)集中して打ってくれた」と賛辞を惜しまなかった。

 2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、キューバ代表の主力として6試合に出場。今年2月からソフトバンクに加入した。前半戦は1軍での出場機会に恵まれず、デスパイネの故障で17日から1軍に昇格。5試合連続で中軸を任され、デスパイネが抜けた影響を全く感じさせない。

 チームは5連勝。2位日本ハムに0・5ゲーム差と迫った。「一打席、一打席集中して、チームにできることだけを考えたい」とグラシアル。昨年のリーグ覇者が、息を吹き返してきた。(浅野英介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ