PR

スポーツ スポーツ

【ボクシング】10月7日に横浜アリーナで 王者井上尚弥のフアンカルロス・パヤノ戦

WBSSに向けて表情を引き締めた井上尚弥=21日、東京都内
Messenger

 ボクシングの大橋ジムは21日、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級チャンピオンの井上尚弥が、元WBAスーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する初防衛戦を10月7日に横浜アリーナで実施すると発表した。他団体の世界王者を含む8人で争う「最強決定トーナメント」のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の1回戦としても行われる。

 25歳の井上尚は世界的に注目度の高い、WBSSに日本選手として初参戦。東京都内で記者会見し「誇りを持って出場する。簡単ではないが、優勝できるように頑張っていく」と決意を語った。WBSSは高額賞金が懸けられ、世界ボクシング機構(WBO)王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)らも出場する。

 34歳のパヤノは戦績21戦20勝(9KO)1敗のサウスポーで、出入りの速さが武器の強敵。ただ16戦全勝(14KO)を誇る井上尚は「サウスポーに苦手意識はない。技術戦になると思う。KOはいつも考えている」と自信を示した。所属ジムの大橋秀行会長は「歴史に残る一戦になると確信している」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ