PR

スポーツ スポーツ

【夏の甲子園】金足農「よく頑張った」「優勝以上の人生の勝利」 在校生ら労いの校歌斉唱

金足農の応援席を率いたのは木村蒼くん(7)、金足農OGの看護師、優さん(31)の長男=21日、秋田市の秋田県立金足農業高校(藤沢志穂子撮影)
Messenger

 試合終了の瞬間、在校生やOB・OGら約530人が集まって観戦していた金足農業高校体育館では、選手たちをねぎらうように応援用のメガホンをたたく音が響き渡った。その後で校歌斉唱。参加者からは「よく頑張った」「おつかれさま」といった声が聞かれた。金足農2年生の吉田耀(ひかり)さん(17)は「金足農の生徒でいてよかった。選手たちには『ありがとう』と言いたい」と涙ぐみながら話していた。

 この日の応援を引っ張ったヒーローは木村蒼(あおい)君(7)。金足農OGの看護師、優さん(31)の長男で、男鹿市の小学校の特別学級に通う2年生だ。ピンチのたびに前に立ち「ガンバレ」と声をかける姿に場内が一つになった。

 試合終了後、蒼君は「2位だった。でもみんなかっこよかった」と興奮気味に話した。優さんは「今日は仕事を休んで駆けつけました。蒼は心臓が悪いのですが、テレビでは金足農の活躍をずっと見ていたので連れてきました。良い試合を見せてあげられてよかった。優勝はできなかったけれど、それまでの過程がすばらしかった」と話す。

 最後まで諦めなかった選手たちに、宮腰明教諭(47)は「困難に立ち向かい挑戦する体力、精神力を得たはず。優勝以上の『人生の勝利』を得たと思う」とねぎらった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ