PR

スポーツ スポーツ

【夏の甲子園】決勝は午後2時から 東北の悲願成就なるか 大阪桐蔭は快挙に挑戦

準決勝で日大三を破って決勝進出を決め、全力で校歌を歌う金足農ナイン=20日、甲子園球場(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会は21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、東北勢として春夏を通じて初優勝を狙う金足農(秋田)と、2012年以来、史上初の2度目の春夏連覇の快挙を目指す大阪桐蔭(北大阪)が対戦する。午後2時にプレーボール。

 秋田県勢は1915年の第1回大会の秋田中(現秋田)以来、103年ぶりの決勝進出。東北勢は第1回大会の秋田中が準優勝してから、過去8度の決勝ですべて敗れた。初の決勝に進んだ県立高の金足農が、悲願の初制覇に挑む。

 大阪桐蔭は優勝した2014年以来、4年ぶりの決勝。昨春、今春と選抜大会は2連覇しており、5度目の夏の栄冠に挑戦する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ