PR

スポーツ スポーツ

【アジア大会】バスケ男子代表4選手の認定取り消し帰国 公式ウエアでホテル、女性と行為

 左から永吉佑也選手、橋本拓哉選手
Messenger

 【ジャカルタ=宝田将志】ジャカルタ・アジア大会の日本代表選手団本部は20日、バスケットボール男子日本代表の4選手が大会期間中に公式ウェアを着て、女性とホテルを訪れ、性的な行為に及んだとして、代表認定を取消し、帰国させたと発表した。同日、会見した山下泰裕団長は「日本スポーツ界、日本選手団を支援いただいている国民の皆様にご迷惑をおかけし、期待を裏切ることになりお詫び申し上げる」と謝罪した。

 4人は橋本拓哉(23)=大阪エヴェッサ、今村佳太(22)=新潟アルビレックス、佐藤卓磨(23)=滋賀レイクスターズ、永吉佑也(27)=京都ハンナリーズ。全員が事実関係を認めているという。

 発表によると、4人は試合後の16日午後10時すぎ、「JAPAN」の文字の入った公式ウェア姿で、食事のため選手村からジャカルタ市内の繁華街に外出。飲食後、現地の日系人に女性が接客する店を紹介され、それぞれ女性を伴ってホテルに行き、17日未明に選手村に戻った。

 選手団本部は外部から情報提供を受け、事実関係を確認。選手団の行動規範に違反したと判断し、処分した。バスケ男子代表は、残る8人で大会への出場を続ける。

 前回仁川アジア大会では競泳の男子代表選手が窃盗事件を起しており、山下団長は大会前から選手たちに規律順守を繰り返し呼びかけていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ