PR

スポーツ スポーツ

【夏の甲子園】因縁…金足農準決勝の始球式は桑田真澄氏 34年前に逆転2ラン本塁打

昭和59年夏の甲子園でPL学園の中村順司監督(手前)の指示を受ける桑田真澄氏(左)と清原和博氏
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会で34年ぶりに4強入りを果たした金足農(秋田)。20日の準決勝の日大三(西東京)戦で行われる「レジェンド始球式」には、34年前の準決勝で金足農に逆転2点本塁打を浴びせたPL学園(大阪)OBの桑田真澄氏(50)=元巨人=が登場する。

 昭和59年の夏の甲子園準決勝で金足農はPL学園と対戦。2-1とリードする中で迎えた八回裏、清原和博氏(元巨人、西武など)を四球で歩かせた後、桑田氏に左翼ポール際に本塁打を打たれ、敗れた。

 秋田県民の中には今でも「あれはファウルだった」と主張する人も多い因縁の選手だ。

 レジェンド始球式は100回大会を記念して、歴史を彩った元球児によって連日行われている。日程は事前に決まっており、金足農と桑田氏の組み合わせは全くの偶然だ。

 金足農が先攻なら、34年ぶりに桑田氏が金足農打者に投げることになる。

 レジェンド始球式をめぐっては、組み合わせ抽選会で開幕試合が藤蔭(大分)-星稜(石川)になったため、星稜の試合でOBの松井秀喜氏(44)=元巨人、ヤンキースなど=が始球式を務める偶然があった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ