PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】ロッテの南昌輝投手が難病で手術 今季の復帰は絶望的

ロッテ・南昌輝投手(戸加里真司撮影)
Messenger

 ロッテは18日、南昌輝投手(29)が厚生労働省から難病に指定されている黄色靭帯(じんたい)骨化症と診断され、17日に千葉県習志野市内の病院で手術を受けたと発表した。今季中の復帰は絶望的。南は球団を通じ「これから大変なリハビリが始まると思うが、もう一度ZOZOマリンスタジアムのマウンドに戻って来られるように精いっぱい頑張る」とコメントした。

 南は立正大から平成23年にドラフト2位で入団。今季は救援投手として35試合に登板して2勝2敗、防御率3.00。林信平球団本部長は「大事な戦力なので残念。プレー復帰のめどは半年だそうなので、来春のキャンプで戻ってきてくれたら」と復帰を願った。

 黄色靱帯骨化症は背骨付近の靱帯が硬化して脊髄を圧迫する病気で、下半身のまひなどの症状が出ることがある。南は7月21日に出場選手登録から外れる際に脚部のしびれを訴えていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ