PR

スポーツ スポーツ

【アジア大会】なでしこ、タイ下す 籾木結花が攻撃に変化つけ活躍

タイ戦の後半、シュートを放った籾木結花(右)=16日、インドネシアのパレンバン(共同)
Messenger

 ジャカルタ・アジア大会のサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は16日、1次リーグC組の初戦でタイを2-0で破った。後半に試合が停滞する中、残り15分で投入された籾木(日テレ)が攻撃に変化をつけ、2点目を奪う活躍を見せた。

 右の攻撃的MFで出場。1-0の後半40分には菅沢(浦和)からの折り返しを頭で合わせ、勝利を決定づける一発。「交代選手としての役割を果たせた」と身長153センチの小さな体からは自信がみなぎっていた。

 4月のアジア・カップはけがでメンバーから外れたが、7月下旬からの米国遠征で代表に復帰した。年代別代表時から籾木を見守ってきた高倉監督は「ボールを持つタイミング、プレーにアクセントをつけることができる選手」と評価する。

 ワールドカップ(W杯)を来年に控える。国内組だけで臨む中で「どんな選手と組んでも、その選手を生かすのが自分の良さ」と語る背番号10が有言実行のプレーで存在感を示した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ