PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】G陽岱鋼、九回2死から同点弾 監督「負けなかったことは大きい」

9回 巨人・陽岱鋼が同点右本塁打を放つ=マツダスタジアム(撮影・矢島康弘)
Messenger

 巨人は土壇場で追いついた。1点を追う九回2死走者なし。陽岱鋼が2ストライクに追い込まれながら、右翼席へ同点ソロを放った。「コンパクトに逆方向にと思っていたらいい結果になった」。中継ぎ陣も踏ん張り、なんとか引き分けに持ち込んだ。

 野手が足りなくなり、投手の吉川光が代打に起用され、犠打を決めるなど総力戦だった。高橋監督は「みんな粘ってくれた。負けなかったことは大きい」とほっとした様子だった。(マツダ)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ