PR

スポーツ スポーツ

【夏の甲子園】愛工大名電、猛打で白山に大勝 第7日第4試合 

白山(三重)-愛工大名電(西愛知) 一回、愛工大名電の西脇大晴が先制の適時打=11日、甲子園球場(榎本雅弘撮影)
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第7日は11日、甲子園球場で2回戦2試合と1回戦2試合が行われ、5年ぶり出場の愛工大名電は、春夏通じて初出場の白山(三重)に15安打を浴びせて10-0で大勝、3回戦に進んだ。

 愛工大名電は、一回に西脇大晴の適時打などで3点を先制。五回に4点を加えて突き放すと、八回には安井太規、西脇のソロ本塁打でダメを押した。投手陣は室田祥吾から秋山凌祐につないで完封リレー。五回から登板した秋山は伸びのある真っすぐを武器に2安打しか許さなかった。

 白山は6安打に封じられた。

白山(三重)-愛工大名電(西愛知) 

(17時07分、観衆 4万人)

白 山000 000 000-0

愛名電300 041 02×-10

(白)岩田、山本-辻

(愛)室田、秋山-安井

▽本塁打 安井1号(1)(山本)=8回

 西脇1号(1)(山本)=8回

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ