PR

スポーツ スポーツ

【夏 名勝負20】(9)1978年 60回大会決勝 PL学園VS高知商逆転のPL伝説のはじまり

Messenger

 初優勝を遂げたPL学園(大阪)が準決勝と決勝で“逆転のPL”として語り継がれる奇跡的な逆転劇をやってのけた。

 準決勝の中京(現中京大中京)戦は0-4の九回裏に4点を奪って追いつき、延長十二回、サヨナラ勝ち。翌日の決勝、高知商戦は森浩二に抑えられ0-2で九回裏へ。土壇場で再びドラマは起こった。

 1死二、三塁から木戸克彦の中犠飛、エースで4番の西田真次(現真二)の二塁打で追い付くと、最後は柳川明弘が左中間安打を放ち、決勝では40年ぶりの逆転サヨナラ勝ちで優勝を決めた。

 西田は「スタンドが後押ししてくれた。追う者の強みかな」と振り返ったどんでん返しの熱闘は、NHKの決勝戦の中継は視聴率48・0%(関東地区)を記録するなど、注目を集めた。(上)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ