PR

スポーツ スポーツ

【夏の甲子園】木更津総合が六回に集中打 1番東智弥が3点三塁打

6回、適時三塁打を放った木更津総合(東千葉)・東智弥。ガッツポーズをきめる=10日、甲子園球場(須谷友郁撮影)
Messenger

 木更津総合は自慢の打線が六回に集中打を浴びせた。1死満塁から小池の押し出し死球で2点目を得ると、1番東が右越えの3点三塁打。続く神子も右前適時打を放った。第3打席まで無安打だった東は「第1ストライクから振っていこうと思っていた」と会心の一打に胸を張った。

 一昨年は早川(早大)、昨年は山下(法大)と絶対的なエースを擁したが、今年はしぶとさも兼ね備えた打線が売り。五島監督は「迷っているところがあったので『決めていこう』と話していた。東のおかげ」とリードオフマンをたたえた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ