PR

スポーツ スポーツ

【セーリング】吉田愛、吉岡美帆組が日本勢初V 世界選手権女子470級

 セーリングの世界選手権女子470級で初優勝した吉田愛(左)、吉岡美帆組=9日、デンマーク・オーフス(国際セーリング連盟提供・共同)
Messenger

 4年に1度開催されるセーリングの世界選手権は9日、デンマークのオーフスで行われ、女子470級で吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が初優勝を果たした。日本連盟によると、この種目を日本勢が制するのは五輪を含めて初。東京五輪のメダル候補に名乗りを上げた。

 7日までの7レースを終えてトップに立ち、上位10艇による最終レースは5着だったが、総合成績で首位を守った。37歳の吉田は北京、ロンドンの両五輪にも出場した経験を持つ。吉岡は27歳で、2人が組んだリオデジャネイロ五輪は5位だった。

 男子470級では磯崎哲也(エス・ピー・ネットワーク)、高柳彬(日本経済大)組が2位に入り、男女で表彰台に立った。岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)、外薗潤平(JR九州)組が6位、土居一斗、木村直矢組(アビーム)は10位だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ