産経ニュース

【競泳】萩野、復活への銀 「やっと軌道に乗った」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【競泳】
萩野、復活への銀 「やっと軌道に乗った」

男子400メートル個人メドレーの表彰式で笑顔を見せる(左から)2位の萩野公介、優勝した米国のチェース・ケイリシュ、3位の瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場 男子400メートル個人メドレーの表彰式で笑顔を見せる(左から)2位の萩野公介、優勝した米国のチェース・ケイリシュ、3位の瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場

 今大会は、一度原点に立ち返った。ライバルのことより「まずは自分の泳ぎに集中すること」だけを意識。結果として本来の伸びやかな泳ぎにつながった。日本代表の平井ヘッドコーチは「金メダリストとしてモチベーションや体調で難しい面もあったと思う。ようやく(東京五輪の)スタートラインに立てたかな」とまな弟子の復調を喜んだ。

 自国開催の重圧も、いい経験になった。「歓声がすごくて、2020年がやってくるんだなと感じた。(2年後は)声援もはね返せるような力をつけて、日本を引っ張っていきたい」。言葉にもエースらしさが戻ってきた。(川峯千尋)

このニュースの写真

  • 萩野、復活への銀 「やっと軌道に乗った」

「スポーツ」のランキング