PR

スポーツ スポーツ

【ソフトボール】日本、B組1位で決勝Tへ 世界選手権第8日

日本-オーストラリア 1回、先制の3点本塁打を放つ山本=習志野
Messenger

 ソフトボール女子の世界選手権第8日は9日、千葉県習志野市の第一カッター球場などで1次リーグ最終戦が行われ、世界ランキング2位の日本は同4位の豪州を8-1の六回コールドゲームで下し、7戦全勝でB組1位を決めた。10日の決勝トーナメント1回戦でA組2位のプエルトリコと対戦する。

 山本(ビックカメラ高崎)や山田(日立)の本塁打で得点を重ね、投げては藤田(太陽誘電)、上野(ビックカメラ高崎)の継投で相手を1点に抑えた。豪州は5勝2敗のB組2位。

 各組上位4チームによる変則方式の決勝トーナメントは千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われ、日本は2大会ぶり4度目の優勝を目指している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ