PR

スポーツ スポーツ

【東京五輪】富士山望む超難関コース 自転車ロードレース 組織委が発表

東京五輪自転車ロードレース(男子)コース
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、東京五輪の自転車ロードレースのコースを発表した。男女とも東京・武蔵野の森公園をスタートし、神奈川、山梨、静岡県内を巡って富士山麓の富士スピードウェイ(静岡県小山町)にゴールする男子約244キロ、女子約147キロのコース。組織委は「起伏の激しい、富士山を望む超難関コース」としている。

 開会式翌日の7月25日に行われる男子は武蔵野の森公園を出発後、多摩ニュータウンなどを通過し、町田市から神奈川県相模原市の国道413号へ入る。山梨県の通称「道志みち」を山中湖まで駆け抜け、山中湖や富士山麓などを周回して富士スピードウェイにゴール。同26日の女子は山中湖から先のルートが短くなっている。男女ともスタート後最初の10キロは競争のないパレード走行区間となる。

 獲得標高(上った高さの合計)は男子約4865メートル、女子2692メートル。組織委によると、ともに計測を始めた08年北京五輪以降、最高となる。男子の最大斜度は三国峠(山梨県山中湖村)付近の20%。

 自転車ロードレースをめぐっては、15年12月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、皇居外苑を発着する計画が承認された。しかし、国際自転車連合(UCI)が競技性や景観などの観点から高低差の大きい富士山周辺を活用するコースへの変更を要望。その結果、1都3県の15市町村(女子は13市町村)を通過する広域コースとなった。

 山梨県を通過することが正式に決まり、東京大会の開催自治体は1都1道8県となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ