産経ニュース

【ボクシング】山根会長辞任 専門家「説明になっていない」「まるで人ごと」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
山根会長辞任 専門家「説明になっていない」「まるで人ごと」

記者会見をする日本ボクシング連盟の山根明会長=8日、大阪市北区(撮影・甘利慈) 記者会見をする日本ボクシング連盟の山根明会長=8日、大阪市北区(撮影・甘利慈)

 明確な説明がない辞任劇に、専門家からは批判が相次いだ。

 スポーツ評論家の玉木正之氏は「会長を辞めるのか、理事を辞めるのかに言及しておらず、全く説明になっていない」と話す。また、7日の日本ボクシング連盟の緊急理事会後、「自分の進退は自分で決める」と繰り返していたにもかかわらず、この日の会見では「(進退は)嫁に相談した」と説明したことに触れ「最悪で情けない」と述べた。

 さらに、会見で支援した都道府県連盟の幹部に感謝を述べた点について「聞く人が聞けば分かるような発言をして院政を敷こうとしているのではないか」と不信感を募らせた。

 一方、早稲田大の友添秀則教授(スポーツ倫理学)は「終始、自己弁護に徹していた。自己陶酔型の典型例だ」と指摘。選手への謝罪の言葉も口にしたが「どんな責任を感じての謝罪なのか全く分からない。全体的に人ごとのようで、トラブルの張本人だという自覚がない」と話す。加えて、「なぜ、このような人物が会長になれたのか、関係機関はプロセスを検証して公表すべきだ」と力を込めた。

このニュースの写真

  • 山根会長辞任 専門家「説明になっていない」「まるで人ごと」

「スポーツ」のランキング