PR

スポーツ スポーツ

【ボクシング】連盟がきょう午後にも緊急理事会 

日本ボクシング連盟の山根明会長 
Messenger

 助成金流用や山根明会長の反社会勢力との交友が問題になっている日本ボクシング連盟が7日午後にも、今後の対応を協議するため、緊急理事会を開くことが分かった。スポーツ庁の鈴木大地長官は同日、個人的な意見と前置きした上で、山根会長について「事実だとすれば辞任に値する」と述べ、助成金流用への関与も含めて事実であれば辞めるべきだとの考えを示した。

 山根会長は助成金の流用や過去の暴力団組長との関係を認めており、日本連盟は真相を究明するための第三者委員会を設置する方針。これに対し鈴木長官は「第三者委の意見は尊重するが、早く選手にいい(練習)環境を与えたい」と述べ、結論の時期にかかわらず早急に問題の収束を図るべきだと訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ