PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】巨人・今村、121球の熱投 プロ初完封に「最高でーす」

完封勝利を挙げてインタビューを受ける巨人・今村信貴=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)
Messenger

 121球の熱投。巨人の今村は肩で息をしながらヒーローインタビューに臨んだ。開口一番、声を張り上げた。「最高でーす」。プロ初の完投、完封勝利は無四球のおまけ付き。7年目で夢に見た歓喜を味わった。

 試合前から「ストライク先行でいく」と決めていた。140キロ前後の直球に、90キロ程度のスローカーブなど変化球を駆使。「僕のストレートも速く見えたと思う」と遅球を効果的に使い、打者のタイミングを外した。

 2点リードの九回2死から連打を浴び、この試合初めて得点圏に走者を背負った。一発サヨナラも脳裏をかすめたが、「絶対抑える」という強気が勝った。外角低めの変化球で中日・アルモンテを中飛に。笑顔で捕手の小林と抱き合った。

 胸に刻まれた試合があった。7月31日のDeNA戦で同じ左腕の内海が4年ぶりの完封勝利。ベテランの奮闘に感銘を受け「僕も頑張ります」と本人に伝えたという。試合前日にも「内海さんが抑えたように完投を目指したい」と語っていたが、有言実行を果たした。

 今季3勝目で自己最多だった2016年に並んだ。高橋監督は「最後までローテーションを守ってくれたら」と期待を込める。今村もそのつもりで、「まだまだチームに貢献できていない。全力で頑張っていきたい」と活躍を誓った。(浜田慎太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ