PR

スポーツ スポーツ

【Jリーグ】エスパルス元社員が約6700万円着服 6年間不正経理

会見するエスパルスの左伴繁雄社長=3日、静岡市清水区(吉沢智美撮影)
Messenger

 サッカーJ1の清水エスパルスの運営会社であるエスパルス(静岡市清水区)は3日、経理担当の元社員の男性が約6700万円を着服していたと発表した。元社員は7月31日付で懲戒解雇され、左伴繁雄社長は30%減給(3カ月)の懲戒処分。同社は刑事告訴はしない方針。

 同社によると、30代の元男性社員は平成24年から30年の約6年間に渡り、チケット代金を帳簿に記帳せず、売り上げ自体がなかったようにするなど、会計システム上の帳簿を改竄(かいざん)などし、着服していた。

 同社によると7月3日、入金済みの法人が入金していないことになっていたことから判明。同社によると、男性は着服金を高級自動車や貴金属の購入代金などにあてていたという。

 3日、静岡市清水区で記者会見した左伴社長は「大変申し訳ない事案だと思っている。今後このような不祥事が2度とおきないよう再発防止策をしっかり取り組んで信頼回復に取り組みたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ