PR

スポーツ スポーツ

【なでしこ】長谷川唯が攻撃の起点に、四カ国対抗全敗も「対抗できるかな」

Messenger

 日本の長谷川は左MFで先発し、鋭い突破やFWへの効果的なパスで攻撃の起点となった。しかしチームは無得点で黒星。「前線での崩しのアイデアや、急ぎすぎずに回しながら隙を突いていくことがもう少しできたら」と反省した。

 大会は3連敗で終わったが、長谷川自身は試合を積み重ねるごとにたくましく成長している。希望が持てる若手の筆頭格は「1年前に比べて、すごく余裕を持ってできているという印象。守備が粘り強くできれば、対抗できるかなと手応えを感じた」と収穫にも目を向けた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ