PR

スポーツ スポーツ

【男子ゴルフ】浮かれない松山英樹、昨年覇者は「続けられるように」 世界選手権第1日

ミスショットを悔しがる松山=2日、オハイオ州アクロン(AP)
Messenger

 10番から出た松山はボギーが先行したが、650ヤードを超える16番(パー5)のイーグルで流れを変えた。残り130ヤードの3打目をピッチングウエッジで「イメージ通りに」放ち、傾斜で戻してカップイン。「入るとは。ラッキーだった」と気をよくした。

 1番でショットを2メートルにつけ、5番はグリーン右からチップインバーディー。6番(パー4)は低い弾道の2打目でグリーンを捉えて伸ばし「去年も何回か同じ所から打っているので慣れていた」と貫禄を漂わせた。

 昨年は4位から出た最終日に61と爆発し、見事な逆転勝利を飾った。しかし今季は1月の4位が最高で、その後は1桁順位もない。「久々にいいスタートが切れたので、続けられるように頑張りたい」と浮かれず語った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ