PR

スポーツ スポーツ

【MLB】大谷翔平が後半戦初の欠場 DHはトラウト 打撃練習でエイの水槽直撃弾も

レイズ戦でベンチから試合を見守るエンゼルス・大谷。出場機会はなかった=セントピーターズバーグ(共同)
Messenger

 エンゼルスの大谷は相手先発が右腕だった試合で、後半戦初の欠場となった。定位置の指名打者では外野手のトラウトが出場。人工芝で守備の負担を軽減させるためで、ソーシア監督は「いくつかの状況が整っていたら大谷を使っていた」と語った。

 大谷は試合前、打撃練習で右中間スタンドにある球場名物のエイの水槽に打球を運び、相変わらず飛ばしていた。今季中の復帰を目指す投手としては約60メートルの遠投を行った後、バッテリー間の距離でセットポジションからカーブを投げるなど20分間ほど動いた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ