PR

スポーツ スポーツ

【日大アメフット】「選手の安全を保証できなければ処罰継続仕方なし」 森本啓司・専務理事

関東学生アメリカンフットボール連盟の森本啓司専務理事(松本健吾撮影)
Messenger

 ■関東学生アメリカンフットボール連盟の森本専務理事のコメント「憎らしいほど強かったチームが、新シーズンを迎えられないのは本当に残念だ。出場できない4年生には、かわいそうだという気持ちもあるが、試合をする学校(対戦相手)の学生も連盟にとっては大切な学生たちだ。少しでも(再発防止策が)『できていない』という懸念が残る中で試合をすれば選手たちの安全を保証することができないのでは、(処罰継続は)仕方ないと思う」

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ