PR

スポーツ スポーツ

秋田犬マサルみるみる成長 来日のザギトワ選手が近況報告、大阪弁で「儲かりまっか?」

ザギトワ選手がインスタグラムに投稿した、秋田犬のマサルと昼寝する様子
Messenger

 秋田犬(あきたいぬ)保存会(秋田県大館市)から「マサル」(雌、生後5カ月半)を贈られた平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)が29日、写真共有アプリ「インスタグラム」にマサルと昼寝する様子を投稿した。

 5月26日の贈呈式のときは体重約9キロだったマサルは見る見るうちに成長し、身長161センチのザギトワ選手に迫るかのような大きさになっている。

 ザギトワ選手は今月28、29日に大阪市港区の丸善インテックアリーナ大阪で行われたアイスショー「ザ・アイス」に出演。「マサル、マサル」と声を出す振り付けで観客と一緒に踊った。

 27日にザギトワ選手と面会した秋田犬保存会の遠藤敬会長によると、ザギトワ選手は「マサルにベッドに上がっちゃいけないって言ってるけど、上がりたがるの。お昼寝は一緒にするわ」と話し、「やんちゃで言うことはきかないけど、性格は優しくて、とても大切な友人よ」と近況を報告したという。

 一方、ザ・アイスで共演したバンクーバー五輪代表の織田信成さんはツイッターで「今朝ザギトワちゃんに『儲(もう)かりまっか?』って訊(き)かれてニコニコしてたら、『大阪ではこんにちはって意味でしょ?』って言われてんけど、教えた人誰」と、ザギトワ選手のおちゃめな一面を紹介した。

 ザギトワ選手は8月4、5日に愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で開かれるザ・アイス愛知公演にも出演する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ