PR

スポーツ スポーツ

【J・今節のツボ】森保ジャパン船出、初視察先の仙台-C大阪は熱い試合に

森保一新監督
Messenger

 サッカー日本代表の新指揮官に、森保一監督が就任。4年後のワールドカップ(W杯)カタール大会に向かう船頭が決まった。早速今節から国内組の代表候補選手を見定める作業が始まる。28日には仙台-C大阪を視察。C大阪にはロシアW杯にも出場した山口らがおり、新監督が熱視線を送る前でアピールできるか。

 26日に就任した森保新監督は「日本人らしく、日本人の良さを出して戦い、世界と向き合っていきたい」と、4年後のカタールW杯に向けて意気込みを口にした。フル代表の指揮官として、最初に迎える試合は、9月7日に札幌ドームで行われるチリ代表との国際親善試合。そこまで限られた日程の中で、国内外の選手を見定めていくことになる。

 最初に視察先に選んだのは、仙台-C大阪戦。C大阪には山口のほかにも昨季22得点を挙げた杉本など候補選手が何人かいる。仙台にも、2012年から3季にわたり、森保監督がJ1広島で直接指導した石原らが在籍。新監督も鋭い視線をピッチに送るはずだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ