PR

スポーツ スポーツ

【大相撲名古屋場所】横審、8場所連続休場の稀勢の里「秋場所に出るだろう」 進退ラインは2ケタ白星か

横綱審議委員会の定例会合後、記者会見で質問に答える北村正任委員長。右は日本相撲協会の芝田山理事=23日夕、東京・両国国技館
Messenger

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会が23日、東京・両国国技館で定例会合を開いた。名古屋場所を休場して年6場所制の横綱で史上最長の8場所連続休場となった稀勢の里に対して出場を促す内容の決議はせず、北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「本人が次の場所にやるといっているのだから尊重する。秋場所(9月9日初日、両国国技館)に出てほしいし、出るだろう」と述べた。

 北村委員長は夏場所後の定例会合までは「万全の状態で出てほしい」と述べるにとどめてきた。この日は秋場所出場を前提に、進退ラインを「何勝何敗という具体的な話はないが、出る以上はそれなりの土俵を務めてほしい」と踏み込んだ。

 稀勢の里が現役を続けるには、秋場所で2ケタ程度の白星が求められそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ