PR

スポーツ スポーツ

【大相撲名古屋場所】休場続出も15日間札止め 4場所連続、入場券完売

【大相撲七月場所】千秋楽、満員御礼の札=ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館、撮影・林俊志)
Messenger

 大相撲名古屋場所は22日に千秋楽を迎え、3横綱1大関が休場したが、定員7629人分の入場券完売を意味する「満員札止め」を15日間連続で記録した。懸賞の総本数は1542本で、同場所の最多だった昨年の1677本に及ばなかった。

 これで今年に入って4場所連続で全日程札止めとなった。人気の高さは続いており、八角理事長(元横綱北勝海)は「ありがたい。いろいろな人の努力があった。横綱、大関の休場が多かったが、若手が頑張ってくれた」と感謝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ