PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】次期監督人選を関塚技術委員長に一任、森保氏と詰めの交渉へ

20日に行われた日本サッカー協会技術委員会の後、日本代表監督の選考について言及する関塚隆技術委員長 =日本サッカー協会 (撮影・佐藤雄彦)
Messenger

 日本サッカー協会は20日、東京都内で技術委員会を開き、日本代表の次期監督について協議した。候補の一本化には至らず、人選を関塚技術委員長に一任することを確認した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、今後詰めの交渉を行って、26日の理事会で正式決定する見通し。

 技術委後、関塚委員長は「日本の強みを出し、今回のワールドカップ(W杯)をゼロにするのではなく、ベースにしてより高みに進めるかが一番」と強調。技術委内では、選考基準を日本人の場合と外国人の場合で分けて作ったといい、改めて日本人を軸にすべきという意見が大勢だったという。

 森保氏はロシアW杯でコーチとして西野監督を支え、監督像に合致する存在。田嶋会長は「日本の中で実績は一番」と評価してきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ