PR

スポーツ スポーツ

【ロシアW杯】なぜプーチン氏だけに傘? 隣はずぶ濡れ、表彰式に批判集中

15日、モスクワのルジニキ競技場で行われた決勝戦後、頭に手をやるインファンティノFIFA会長(左)と傘の下に立つロシアのプーチン大統領(中央)、それを見るフランスのマクロン大統領(右)=AP
Messenger

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝戦後、土砂降りの雨の中行われた15日の表彰式で当初、ロシアのプーチン大統領だけに傘が差し出された。隣のフランスのマクロン大統領やクロアチアのグラバルキタロビッチ大統領らには傘がなくずぶぬれになり、インターネット上で批判が出た。

 雨脚は準優勝のクロアチアの選手を表彰するころに強くなり、警護員がプーチン氏と国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長の頭上に傘をさしていたが、次第にプーチン氏だけを雨から守る形となった。

 その後フランス選手を表彰するころにようやく複数の傘が持ち込まれたが、マクロン、グラバルキタロビッチ両氏はずぶぬれになった後だった。

 ネットでは「プーチンの傘男が最優秀選手(MVP)」「傘は女性であるクロアチアの大統領に譲るべきだった」などと批判的なコメントが並んだ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ