PR

スポーツ スポーツ

【ラグビー】サンウルブズ、3季目終了 共同主将の流「成長できた実感ある」

今季のレギュラーシーズン全日程を終え、取材に応じるサンウルブズの流共同主将=15日、東京都江東区
Messenger

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは15日、東京都内で取材に応じ、選手らが全日程を終えた参入3季目のレギュラーシーズンを総括した。「トップ5」を目標に掲げた今季は過去最多の3勝(13敗)を挙げたが、勝ち点14で15チーム中最下位に終わった。共同主将のSH流は「目標に届かなかったので悔しいが、成長できた実感がある。今後に生かさないといけない」と力を込めた。

 今季は日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が指揮官を兼任。2019年ワールドカップ(W杯)日本大会が迫る中、代表と一体となった強化を押し進め、イタリア、ジョージアを迎えた6月のテストマッチでは2勝1敗と勝ち越した。代表主将のFWリーチは「どうやって勝つかをサンウルブズで学べた。W杯の準備に生かしたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ