PR

スポーツ スポーツ

【大相撲名古屋場所】御嶽海が初の中日勝ち越し、「目標の1つは達成できた」

【大相撲七月場所】八日目 ○御嶽海(よりきり)千代の国×=名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館 門井聡撮影)
Messenger

 御嶽海の快進撃が止まらない。中日に給金を直すのは自身初。3横綱1大関を欠き荒れに荒れている場所で、力強く優勝争いを引っ張っている。「目標(勝ち越し)の1つは達成できた。意識しなかったといえば嘘になる」と未体験の領域に足を踏み入れた緊張感を漂わせた。

 過去6戦全勝と合口が抜群に良かった千代の国に、冷や汗をかかされた。回転の早い突き押しをしのぐうちに、タイミングよくいなされてバランスを崩し「危なかった」。右でまわしを探りながら体勢を立て直し、相手の引き技に乗じて寄り切った。

 初日からの7連勝は今年の初場所で経験済み。「今日から初日。これからという気持ちだった」と気合を入れて臨んだ中日の土俵だった。それもそのはずで初場所は終わってみれば8勝7敗。「やっぱり失速したといわれたくない」と後半戦でも加速を誓う。

 「気持ちが一番重要じゃないですか」と、自身の内面をカギとみる。他の力士が気になるかという質問に「全然」と即答したが、終盤戦へ向かっていくにつれてそうもいかなくなってくる。次期大関候補の心が問われる残り7日間となる。(奥山次郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ